サンキュー! - かわいくて斬れない
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキュー!

誕生日でしたね!!(過去形)
たとえ一週間遅れだろうと、放置プレイ常習犯だろうと一応ファンブログを名乗るからには祝いますよ!!吾郎さん39歳おめでとうございまああああああした!!
39ですってよ。何ですか?年齢って何ですか?
そんな気持ちを抱かせるおとぎの国の吾郎さんですが、まず本人からして年齢とかそういう概念から離れた世界で生きてらっしゃるようです。
今週木曜の13日に放送されたストスマにて、『お誕生日おめでとうございます、30代最後の年にやりたい事を是非是非いっぱい語ってください』というファンからのお便りへの回答が最高でした。
「はい。ありがとうございます。ね、舞台の方はもう順調に進んでますし…ね、あの~30代最後なんですよねー。うーん、…まあでもなんかもう、気分は40代ですよね。37ぐらいから。」
wwwwwwwwwwwwwwww
すごいもうね、つらっと、つらっとして言うんですよ。
気分は40代ですよね。37ぐらいから。ってすごい普通のトーンで、みんなそうだよね~、みたいなサラーッとした口調で言うんですよ。
結構、年齢ってみんな重く見るし重く言うし、その事だけで小一時間語れるわってぐらい拘る人の多い話題じゃないですか。それこそ中居君がどれだけあちこちのMCで三十路ネタとか四十路ネタとか体力の衰えネタを使いまくったか。
普通の人はそうなんですよ、こないだ兄ちゃんの誕生日で兄弟内で祝ったんですけど上二人でずっと「うわーもう四捨五入すると30だわーアラサーだわー」みたいな話しまくってましたし。ニコニコ動画で年齢の話になった時のコメントの溢れ返り具合とかね、年齢ってのは大きなアイデンティティですからねー。
しかし吾郎さんのこの他人事ぶり。
「なんか最後、なん、そうなってきませんか? 20代最後の時も…なんかもう…アラサーになった頃にはもう30代の気分だったし。うーん…なんかもう、なんか、39、逆に中途半端だなっていうか。もうなんか早く40でいいのになーみたいな気もしますけどねー。」
中居さーーーん!!聞いてますかーーーーー!!!(叫)
この発言を、40という年齢と「キャー!」とか言われる現状とのギャップをひたすら強調してネタにする中居さんに聞かせてみたい。ナカゴロは本当に面白いですね…対照的で…いいのよもっと口でバトルしても…(中居君との舌戦だとサラリと辛辣になる稲垣氏が見たい)
「うーん…まあでもちょっとさびしい気もしますけどね。30代…っていう歳…からね、なんか、40代になるっていうのも…う~ん…。なんかだいぶイメージ変わりますよね。30と40ってね。うーん…なんか、40まで行っちゃったら50も、まあ変わるかそれはそれで(ハッとしたようにノリツッコミ)みんな変わるか、10こずつ変わってくって事は。うーん…まあでもね、ホントに…うん、いい歳にしたいなと思いますし。30代最後の年。うーん、39歳ですからね。うーまあこう、年齢にふさわしい、ちゃんとこう清く正しく美しい人間になりたいですよね。うん、あっ、あと勿論後悔、したくないですよねっ。30代の内に、やり残した事とか、ねー。達成できなかった事とかまだまだいっぱいあるんですけどねこの一年間でなるべく…充実した…一日一日を大切に過ごしていきたいなと思いますね。はーい(よくできました)」
すっげー他人事なんですけど。
言い方がね、一生懸命「そうだね、39…俺39だね、来年から40だね、40代の次は50代なんだよね、えーっと」って感じで、まるで遠くの景色を眺めるかのような実感のなさwww
流石吾郎さん、そういった俗世の自然法則とは異にした世界で生きてらっしゃいます。やはり妖精…?

同じくストスマで、鍋の話が最高だったんで書き留めておきます。
前吾郎さんがラジオで紹介したみぞれ鍋を作りました、というお便り。今更ですが来るハガキ・メールの内容がやはり吾郎さんのラジオーって感じですよねwww
「『大根おろしを作るのは大変だったけど、すごくおいしかったです。風邪気味だったので、ベーコンの変わりに鶏肉を入れてさっぱりした鍋にしました。それからにんじんも、おろして入れたら…綺麗な色合いの鍋になりました。鍋パーティーでまたやります。何か他にオススメ鍋があったら教えてください。』…にんじん入れたんだ? にんじん、入れていいなんて言ってないのに^^」
ちょwwwwwwwwwwww
「アレンジ加えないで欲しいな^^」
おまwwwwwwwwwwww
「どうなんだろうにんじん入れると? にんじんおろすって…にんじんっておろすの? うーん…なんかね、カブを下ろすのもアリですね。カブを下ろす…料理も勿論ありますからね、色々と。うーん…カブの方がちょっと甘くなる…ですよね。僕は大根でしかやった事ないですけど。でも、身体あったまりますしね」
Sモードを引っ込めて、ちょっと真面目になってレシピを考察する吾郎さん。いつもこういう話聞くと不思議な気持ちになるんですけど吾郎さん外食じゃない時は当たり前に自炊してるんですよねー。やべー自炊する吾郎さんとか想像つかねー。ついたとしても天使しか浮かばねえー。
ここでまたにこやかなドSに戻ります。
「しかもベーコン入れんのがポイントなのに鶏肉を入れたって。なんか全然言ったとおりやってくれてないじゃん。これ意外に鍋なのにベーコンという所がちょっとポイントだったのに。まあ鶏肉でもいいですけど勿論」
拗ねた口調で嬉しそうになじるという複雑過ぎるプレイを展開する吾郎様。優しくするのが上手いだけで、まあ実際優しい方ですが、でも誰よりも言葉攻めを楽しめるタイプだと思います!^^^^^^
しかしその後、でも鍋に入れるベーコンは、いやらしい話ブロックじゃないとおいしくないかも…なんかセレブ発言みたいでアレだけど…だから全然鶏肉でもいいです。具もそれこそポトフみたいになるのでにんじんとか、カリフラワーとかブロッコリーとか何でも入れていいですし。レシピとか気にしなくていいのが鍋のいい所ですからね、とちゃんと素に戻って丁寧にフォロー。鞭の後のアフターフォローという名の飴、これが師匠のタラシ術の模範例です!勉強になります!
僕の方こそ何かいい鍋レシピがあったら是非教えてもらいたいです。結構レパートリーも限られてきちゃって。色々ありますよね、トマト鍋とかカレー鍋とか、と穏やかに鍋の話をなさる吾郎さんがホントいい奥さんになれそう過ぎてつらい。これ吾郎さんが家事の話する度毎回言ってますけど。
だってあんな美しくてドジっ子で優しくてですね、スーパーに行く際にはレジ袋を持参し、適当に引いた福引で一等を当て、冷蔵庫に残り物をきっちりと小分けし、レシピのバリエーションも豊富で、免許証のコピーをとってくる際に楽しすぎて余分に5枚刷りその書類を置き忘れて追いかけられる…そんな人がですね、リアルにこの三次元世界に存在しご飯を作ってるわけですよ…なんなんだ…あんたなんなんだ…
イケテルSMAPでも吾郎さんのテンションが素晴らしすぎて、もう私もハガキ送ってしまおうかと思いました。あの適当さwwwwww
なんかね、適当にも良い適当と悪い適当、もっと言うとモテる適当とモテない適当があると思うんですよ。
失礼じゃないけど気を遣ってないという感じ?
もうフライパンでなんか作りながら耳と肩に挟んで電話するみたいな、ファンとはいえ初対面の若い女の子にそんなテンションで容易に話せる吾郎さんにシビれました。普段こんな感じで色んな人と電話してんのかなあ…男前すなあ…

さて、流れ的にストスマの感想を先に書きましたが、あとはビストロの感想をまとめて書いておきましょう。
ここはあえて新しいのから古いのに遡って振り返ろうと思います。
まずヒュー様とアマンダさんのゲスト!!
わああああああヒュー・ジャックマンだあああああ(好き)
ただ自分がいつから何をきっかけに好きになったのかサッパリ思い出せない。何でしょうね、ただ単にカッコイイからですかね。一目ぼれ?(身の程知らずの趣味)
しかしカッコイイと言いつつ人柄はあまり知らなかったんですが、とても優しそうで感じのいい方で。富士山慎吾への気遣いにキュンとしました。アマンダさんも木村さんとの対戦の時超かわいくてキュンキュン。
しかしここはやはり手押し相撲…!!もう予告の時点で「吾郎さんと!!ヒュー様が!!手押しZU☆MO☆U」と錯乱してボックスステップを踏み出す勢いの衝撃でした。体格差ああああああ
対戦相手として並んでヒュー様のご指名を待つ四人。いい子揃ってまっせ!
その中で「Blue?(アマンダさん:yeah)Blue」と吾郎さんの肩から二の腕にかけて両手でポンポンと包むように確認し、お持ち帰…ご指名するヒュー様。ktkr…ヒューさんその人月イチゴローでめっちゃヒューさんにトキメいてましたよ!チョロイっすよ落としちゃっていーッスよ!!(無許可許可)
もうなんかヒュー様に真正面から肩を包まれ顔を覗き込まれた吾郎さんも羨ましければ、あんなじっと顔を見て肩の感触をしっかり確かめたヒュー様も羨ましい。でもどっちかというとやっぱりヒュー様が羨ましい。どんな感触だったんですか!吾郎さんの二の腕と肩の出来上がり具合はどんなだったんですか!
吾郎さん本人は「えっ、ぼ、僕?」とポカーンキョロキョロ。全く心の準備が出来てなかったもよう。でもアマンダさんと相談した上でのチョイスですから、もしやアマンダさん的第一印象一位だった可能性も微レ存…?ヒャッホー!
マジ?ってテンションの本人よりも両サイドのテンションの方が高い。めっちゃ笑顔で吾郎さんを押し出し「何気に楽~に勝ちに来たよ」と吾郎オンステージにテンチョモの木村さん。いつも思うんですけど木村さんの吾郎さんへのボディランゲージって結構激しいですよね。力強いというか、メンバーの中で一番痛そうw
そんな押し出された吾郎さんの二の腕をガシッと後ろから掴んですごい勢いでほぐしまくる慎吾。吾郎さんの二の腕大活躍だな。
そして帽子取ったら?と言うヒューさんに素直に取ろうとしてから、セットしてない事に気付き「天然パーマ…」と訴えかけるようにヒュー様を見上げる吾郎さん。中居さんも横で英語風に「クルクルパーマ」とアシスト。わかんねーよwwww
理解した後ここ一番のクシャッとした笑顔を見せるヒュー様。すみません帽子から思いも寄らない方向に話が行く人で。
駄目押しで「がんばって」と背中をさすさすしてから気合注入でバシッとやる慎吾。音が響いてて痛そうw
見つめ合ってんだか見つめ合ってないんだか分からない微妙な逸らし具合の中、探り探り仕掛ける二人。ちょっと乗ってきた?という中、うっかり手ではなく肩辺りを押してしまうペナルティ吾郎。
お互い「うおー!」とびっくりして離れる中、これは逃せないシチュエーションとばかりにすぐ駆けつけるサタスマ班www
押したのは肩辺りなのに、吾郎の羞恥を煽るようにヒュー様の乳首ガードをする中居さんと、半端な位置にあった吾郎さんの腕を下ろさせ、その腕ごと囲い込むように後ろからぎゅっと抱きしめ「ダメー!ダメー」と拘束する慎吾。なんなんだこの、一瞬で完成する吾郎さん包囲網は…
目の前のヒュー様とその乳首をガードする中居さん、自分を後ろから抱きしめる慎吾に挟まれ身動きも出来ず、お立ち台の上でただ俯くばかりの吾郎さん。なんだこの状況…恥ずかしいよぉ…///(吾郎の心の声をアテレコ)
そしてノー乳首!ノー乳首!という中居さんのギャグが何故かヒュー様に翻訳されたらしく、自分の逞しい胸元をふざけつつ触っておどけた後、同じ掛け声で吾郎様の胸元をおさわりになるヒュー様。キャー!流石セクハラもスマートですね!(もっと言う事は無いのか)
余所見してて、視線を戻した時丁度ヒュー様が胸元に触れてる所で、「?」ってなった所を揉まれて(揉んでねえ)思わずビクッとなったタイミングの奇跡。吾郎さんここ別にエロくしなくていいとこだから!ね!
その時反射的にするっと出た言葉が「What」だった所に吾郎さんの外人慣れっぷりを見ました。いやこんな場面でそんな慣れを披露しなくてもいいんですけど。もしかしたら「うわっと」だったかもしれませんけど。ていうか吾郎さんこの一分にも満たない間に触られすぎィ!
吾郎さんってキャラクター的に一番他人との肉体的接触に縁遠そうなポジションなのに、むしろ周囲からのおさわりを一身に背負ってますよね。お気に入りのおもちゃのごとくですよね。何ですかねやっぱり触ってると癒される効果とかがあるんですか?アロマ王子だからですか?触ってもいいですけど細くて壊れそうなので包むように暖めるように触ってくださいね><(無許可許可2)
存外あっさりと敗北しました。横で「殿リーマンいけ…!殿リーマンいけ…!」と何故か囁きかけていた剛の謎の応援と、「前回案外強かったですからね」と宮迫戦での活躍をしっかり覚えていて、胸ドン事件の時一瞬だけどちゃんと吾郎さんの腕にも触る中居さんという地味な萌えポイントも書いておきます。
あと木村さんが対決してる時、後ろで中居さんが吾郎に近付いて何か言って、吾郎が超笑ってる場面があるんですよね。なんだ…何を話したんだ…まあ吾郎さんの笑い方と中居さんの迫り方的に、十中八九いつもの中学生的セクハラ発言なんじゃないかと思うんですがいかがでしょうか(いつもの?)
それと試食の時、この回は始終落ち着いたテンションだったのにアマンダさんに「聞いてるぅ?」と身をかがめて聞いた時だけ超可愛い明るい声で、この一瞬に全てのテンションとかポテンシャルを集中させるかのような吾郎さんに感動しました。
美しい女性と少しでも距離を縮めるチャンスがあったら逃さないこのスキルッ!
木村さんが至近距離で向かい合った事で「やべえ超かわいい」とアマンダさんに珍しくデレデレしてましたが、吾郎さんってデレデレしないですよね。デレる暇があったら即アプローチする人ですよね。なでしこの時みたいに、「かわいい」を自己完結ではなく思い切り相手へのメッセージにしたりしますよね。勝てねえ…

あと二本立てだったのでセクシーゾーンの子達もご来店です。
勝利くんの「稲垣さんとドラマで共演しました」に間を置かず「うわーかわいそ」と挟む中居オーナーwww
クッ…と笑った後に「嬉しくなくてもー、決して可哀想ではないよね?」と滔々と「ゼロだとしても決してマイナスではない」ジェスチャー付きで中居さんに反論する吾郎さんの辛抱強さwww
笑った後に「嬉しかったです」とぽつりと添える素直な勝利くん。よかったね吾郎さん!!
しかしその時記者会見で、「お寿司を連れてってくれるって約束したんですけど…」と切り出す勝利くん。「あ~」と責める声を上げる事情通の観覧の皆さんと、その非難の声に囲まれ輝く笑顔を見せる吾郎様。
「口だけなのかな、って…」
結構辛辣な言い回しの勝利くんに「アハハ」と声を上げて笑う吾郎さん。勝利くん、世の中ではね、宣言=約束ではない事もあるんだよ…(ゲス顔)
「ずーっとそれが引っかかってて、あ~いつか何か…おもてなししたいなあって思って」
すごい年下の後輩に「おもてなし」という単語を用いる吾郎さんの紳士ぶり!!
「で?今日は?ビストロスマップだから。良かったな~と思ってね」
にこー、とキメ笑顔で、芝居がかった口調で爽やかに仰る姿。あ、麻生様!?麻生様あああー!!
えええ~、と客席から言われ、「え、これでトントンにしようとしてるの!?」と中居さんにつっこまれ吹きだす吾郎さん。しかし否定はしない。そうだよ!!これでチャラだよ!!(代弁)
でも実際、ラジオでその話になった時「後輩みんな連れて、そういう宴を開くのも良いかもしれませんよね。勿論お酒は飲めませんから、ジュースとかですけど」と優雅に仰っていたように、お寿司連れてくって言っても連れて行くなら連れて行くで他の子も誘ってある程度開かれた形で行くのが一番安全牌ですよね。
何だかんだまだ16歳ですからねえ。吾郎さんがというより、勝利くんの方で負担になるんじゃないかと案じているんじゃないでしょうか。
ジャニーズのちびっ子連れてV6のコンサート行くとか、吾郎さんはほん怖のみならずプライベートでも引率慣れしているご様子なので、そういう形なら後輩くんも気を遣わなくていいだろうと思ってたんでしょう。
が、中居さんの「だってプライベートで行きたいんでしょ?」に「そう…ですね、もしよろしければ…」とペコペコしつつ素直に行きたそうな勝利くん。す、すげえ…本気やでこの子…!
記者会見と、あと確か野菜泥棒関連で一緒のシーンが一回だけありましたよね。まさかその少ない交流期間でまた魔性ったんですか吾郎さん!一体どこまで範囲拡大するんですか吾郎さん!
今日は良かったなあ~と思ってね、にも顔をくしゃっとさせて笑いつつちょっと残念そうな色もなきにしもあらずでしたからね。これはもう腹を括って、無数に存在する吾郎さん行きつけの店のどれかに連れてってあげても良いんじゃないでしょうか。おそらく勝利くんのこのテンションだと二人で行っても普通に嬉しがってくれるんじゃないかな…うん…すげえ…若い力すげえ…
この「ちょっと、じゃあ」とADに連絡先を書くカンペの紙を要求する中居さんの振る舞いが、こないだお会いする機会があった会社の社長さん(勤め先の、とかじゃないですよ)を思い出して笑いました。上司臭パネェwww
そこにすかさず「ねえなんかさ、最近そういうの好きじゃない」と指差す吾郎さんのツッコミの鋭さ。いやーやっぱりナカゴロの真髄ってこのお互いへの理解度にありますよね。
連絡先教える事自体は「もちろん」と軽~くオッケーな吾郎さんのこだわりの無さを無視して、わざわざ重々しい行為に演出するいやらしさw中居さんは本当こういういやらしい展開(性的でなく世俗的な)が好きですね…^^
「い、いいんですか」とドギマギしている勝利くんを尻目に、「後で教えるから(紙いらない)」「いいよ大丈夫(書け)」と屈折した二人の世界を繰り広げます。
結局書く事になり、「お前それホントの番号じゃん」という木村さんのちょっと驚いた声。考えてみればこんなくだりが成立するのも吾郎さんならではですよねー。SMAPの中で一番後輩と距離が近いのが吾郎さんっていうのもまた面白いとこだと思います。
「これが稲垣くんの電話番号だから、ちゃんと…」と近付いてくる中居さんに、「ホントですか」とソワソワ身を浮かす勝利くん。しかしその目前で持った紙をくいっと客席の方へ方向転換させ、阿鼻叫喚と化す場内。や、やめろ!勝利くんは本気なんだ!純情を笑いのネタに利用するのはやめろ!(誤解を生む言い方)
体の角度を変え始めた時点で既に走り出し飛び込んできた吾郎さんの反応の速さに中居さん大笑い。吾郎さん気付いてたよ!中居さんに紙渡した時点で「やべーあれ絶対晒し上げられる」って顔でいつ走り出すか迷ってたよ!
いやーしかしスタイルが良いから身を挺して個人情報を守る動作も華麗に映えますね(ここで言う必要のない賛辞)
吾郎さんと複雑すぎるアイコンタクトを交わし今度こそ戻ってきた中居さんに、ソワソワとスケブを目で追った後、そのまま貰ったらしく大事そうにそれを抱える勝利くん。そんなに嬉しいか!かわいいな!
すぐ後の子の「踊りが揃っていた」という話でも「ええ~」という観客の声にすかさず誰よりも前に出て「何言ってんだ君たち」アピールをする大忙しな吾郎さん。そのイキイキと輝く笑顔には「ダンスネタといえば俺」という自負が溢れてますねっ!…そんな言う程でもないよ!!大丈夫だよ!!(号泣)
JustGo!で揃ってた、という事で慎吾に促され恒例のソロダンスタイム。「何だよ」と本気で嫌そうな吾郎さんの後ろで、手で顔を覆うという珍しいリアクションで悶えている剛。踊る吾郎さんを見つめる瞳も愛しげです(断定)紙の指摘の仕方も優しく、SMAPのバランスの良さを実感。ロハス最高や!
そして直前まで腕組んでスゲー嫌そうだったのに、JustGoの例の前奏を慎吾が口ずさみ出した途端体が先に動いたようにピョンピョンしだす吾郎さんが愛しい。もう吾郎さんの身体はバラエティに慣らされてしまっているのね…
飛び跳ねてエプロンが浮くとまるでスカートみたいで無駄にときめきました。紙に気付かないまま、やさぐれたように肩を落とし戻ろうとする吾郎さんの哀愁に追い討ちを掛けるような個人情報の再流出。下二人に「志村後ろー!」ばりに指摘されもぎ取る吾郎さんの忙しさよwww
吾郎さん本人が気付いて自らの手で取るまでその体制を崩さなかった中居さんと、恨みがましいという言葉で片付けてしまうにはあまりにも複雑な感情を内包した眼差しで中居さんと視線を交わす吾郎さんとの、このハイレベルな精神的SMプレイ…
久々にハードなナカゴロを見た気がします。「訴えた方がいいよこれ吾郎ちゃん」ごもっともwww
いやー本当SMAPのボンド半端ないですね。メンバーそれぞれと全く別方向で相性がいいのがすごい。一人にいくつも対応要素を内包してるんでしょうね。勝利くんはこの人にあまり深入りしちゃダメですよ!こんな魔性と付き合ったら不幸になりますよ!オンリーワンにはしてくれてもナンバーワンにはしてくれない人なんですからね!(何の注意だ)
他にもジャニーさんの話に対する反応に滲む親しみの度合いが違う吾郎さんとか、剛のコメントの笑いの破壊力とか、合宿所でファミコンやってた所に吾郎は居たのかどうかとか、こちらのビストロも内容盛りだくさんでした。
一月開始の吾郎さんの校内カウンセラードラマではジャニーズの後輩も出演するという話ですが、セクシーゾーンからも誰か出たりするんでしょうかね。まあそんな事より、撮影できるんですか?という事が目下一番気になる疑問なんですが(スケジュール的な意味で)。
忙殺という言葉が実質的な意味を持ち始める中、癒されるどころかカウンセラーとして悩める子羊たちを癒そうというだなんて吾郎さんはやはり天使…いや聖母…
ビストロがいい感じにリラックスの場になればいいなと思います。(えっ)

他にもSKEゲストの時、即興ベルサイユのばらでアンドレを演じた吾郎さんの熱演の素晴らしさとか、ゴールデンボンバーにスポンジのバチをプレゼントされた時の切り返しの天才さとか、Lilicoにマウストゥーマウスでキスされた時の吾郎さんの反応のエロさとか、安田成美さんゲストの時の何とも言えない吾郎さんの兄ちゃんっぽい雰囲気と慎吾のデレとか、色々尽きない話はあるんですが全部略します。だって先週分だけで何ですかこの長さ…こんな筈では…
あとおじゃマップの女装の美しさと振舞いの無自覚な魔性ぶりも語り出せば延々語れる気がするんですがやめておきます。あんな綺麗な女装して、目覚めた人が居たらどうするんですかまったくもう!特に脚の罪深さ!(うるせえよ)
誕生日当日は舞台でファンの皆様に祝われて、「こうやって祝われるのは初めてです」と充実したお誕生日だったご様子。改めておめでとうございます。
あれで39とかどうなってんだよとこっちが興奮する中、「もう気分は40代ですけどね。37ぐらいから」と至極冷静なトーンでのたまう吾郎さんは本当に頼もしいばかりです。素敵すぎます。
曲がり角?何それ?と言わんばかりに、39歳も幅広い活躍と発展を続けてお仕事頑張ってください。今発展って打つ時最初ハッテンって変換されて戦慄しました。たまげたなぁ…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみしま

Author:きみしま
ツイッターのログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。