「ありがとう」って微笑む顔は泣いているよう - かわいくて斬れない
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ありがとう」って微笑む顔は泣いているよう

時間って不思議ですね。在ったって無くたって見えないし聞けないし触れないのは同じなのに、皆実際に「あった」って言うんですから…(人をムカつかせる言い訳の例文)
いい加減終わらせますがんばりますっ!

剛→吾郎の『ありがとう』は謹慎中うなぎを持って訪ねてきてくれた吾郎さんの話。再現の人もちゃんと左で食べてるのが芸が細かい。
「栄養のあるものを食べよう!」ってもう何でしょうねこのキュンキュンする感じ。千と千尋でハクに貰ったおにぎり食べてボロボロ泣く千尋を見た時のようなこの感じ。(?)
「吾郎さんの醸し出す暖かい空気感」と剛も言っていましたが、なんか吾郎さんってワインとかマセラティとか言ってるアダルティな人ですけど揺るがないピュアさがあるんですよね。素直さとかひたむきさとか言葉は何でもいいですが、いい意味でやっぱり真面目な人なんだと思うんです。スマートなやり方を知ってるけど素朴さがあるというか。
剛の「二人でそれをおいしく食べたね」とか「あの時食べたウナギの味と、吾郎さんの大きな優しさを僕は一生忘れません」とかの言葉の使い方もね!上手いよ!ずるいよ!吾郎さんが泣いちゃう!!
「これからも、そばにいて、和ませてください。」とかさぁ…最早プロポーズだよマジ剛あなどれない。ライブで歌う二人の映像入れてくるスタッフもあなどれない。
スタジオに移り、自分のターンだと散々痒がるくせに「行ってあげたんだぁ」とか「救いになったんだ」とかクサい合いの手を平気で入れてくる中居さんにも注目です。ホントは好きなんだろこういう青春くさい話が!この青松野郎!
そして「吾郎さんがその時に好きなおいしいものを持ってきてくれて」とナイスな形容をする剛に、さっきまでの打ちひしがれた表情とはうってかわってニコニコVTRを見ていた木村さんが溢れ出る想いを堪えきれないかのようにフレームイン!
「オレ、オレ見ててねー、すっごい良かったのが、『俺、これ持ってきたから栄養あるもん食えよ(キリッ』って言って、剛が食うのを見てんのかなーと思ったら、ちゃんとっ吾郎も食べてんだねっ!!」
ここ一番の素直な笑顔です!!そして「そこすっごい好き!!」と力いっぱいのデレ発言をいただきましたー!!重症だー!!!(持っていたものを投げ出しながら)
なんて素直な人なんだ。いいと思うよそういうとこで一歩リードしていかないとね!
で、いよいよ!!いよいよ吾郎さんのチャレンジです!!
「これ僕楽しみにしてたから!」と言ってくれる慎吾、「これオンエアしないっつってたんじゃない?」と意地悪発言の後「これ最っ高だよね!」とデレる中居さん。
いやー吾郎さんのアップかわいいなー(サタスマコンビに触れた意味なし)

カラオケボックスの扉をスマートに開け「こんにちは」と明らかにシチュエーションにそぐわないジェントルメンなテンションで入室する吾郎さん。既にこの時点で面白い、っていうか小窓の人たちもう笑いすぎなんですけど。どんだけ素直なの!!
ランキングカラオケの概要を聞かされ、「僕本物ですからね…」「僕にどう近付くかという事でみんな頑張ってる訳でしょ?」と初っ端から飛ばしていく吾郎さん。キャーステキー!!
ここで「え~できるかなあ~」とか「無理でしょだって皆うまいもん~」とか言っちゃって保身に走る奴は二流ですよ。上手い下手関係なく挑戦するからには勝つつもりで臨まなきゃ熱い勝負にはならないし面白さも生まれないんですよ分かりますか!(?)
「ここでムキになって、うるさいな!とか怒ってくると、そこばっか編集されてー、『なんかコイツやな奴だな』っていうようなテレビの映り方するから、僕は今回は穏やかにいこうかなって」とまさにそこばっか編集する立場であるスタッフに向けてにこやかに言い放つ男前な吾郎さんに「そこオンエアしないでよ」と可愛く弱った感じで漏らす小窓の吾郎さんの対比が素晴らしい。憎めない人だなあ…
世界に一つだけの花を一曲目に入れ、最後はカメラ目線のアイドルスマイルで定番の人差し指を上に掲げるフリを披露してくれるサービス精神旺盛な吾郎様。
前ゴローズバーの面々でカラオケ行った時吾郎さんが世界に一つだけの花歌ってくれた、みたいなエピソードありましたよね?きっとこんな風にサービスサービスゥな感じだったんだろうな…いいな…(笑)
結局限りなく中ぐらいのランキングに落ち着き、ライバルの少なそうな曲で攻めようという事で二曲目に選んだのはなんと笑顔のゲンキ!うひょおおお吾郎さんのソロで笑顔のゲンキが聞けるなんて!!
少女向けアニメの主題歌だけあってすごい可愛い曲ですよね。ほらッですよ。「ッ」ですよ。
もうね私吾郎さんの歌声大好きなんですけど、最早それは吾郎さん個人と関係なく好きなんですよ。吾郎さんの歌声がコレだという事が魅力を増させている事は否定しませんがこの歌声が吾郎さんのものじゃなくても多分好きなんですよ。なのでこのチャレンジを思いついた人には心からの感謝を捧げたい。そして何時間も吾郎さんの歌声を聞きまくれるスタッフが羨ましくてならない。(言うのは簡単)
スイート過ぎる声で笑顔のゲンキを歌い上げる吾郎さん、結果はまたしても中ぐらい。
「36人しか居ないのに、19位だよ!?」とやるせなさに憤ってから「誰だよこの黒シエルって!」とランキング一位の人にいちゃもんを付けるwww
「黒シエルが上手いはずが無いんだよ……間違いないよそんな訳ないよだって」やさぐれる吾郎さんの美的感覚に黒シエルという中二ネームはそぐわなかった様子☆
どうでもいいですがさっきから間違いを「まつがい」って発音しがちなのが微妙に萌える。
「ちょっとサクサク行きましょうかまた。いい?」この「いい?」が!!甘い!甘いんですよ!!おねだりなのか!?相槌の「うん」も妙にしおらしくて可愛い。この緩急の付け方、テクニシャンだな…←
という訳でここからSMAPの曲を色々試すんですがもう超いいよであうーまんとか君色思いとか10$とか全部吾郎ソロで聴けちゃうとか超贅沢ですよ最高だよ。例えサビだけだとしても!ていうかランキングが振るわなくて飛ばされた20曲も聴きたいよおおお!!
10$でサビ後に入るコーラスの「フゥー!」に自分も「フゥー!」って復唱するノリの良い吾郎さん。ちなみに私が一番最高だと思った10$は、いつだったかの生放送で傾いた滑り台の上でプルプルしながら吾郎さんが歌った「愛さえあれば~」のワンフレーズです。いやホント格好に反比例して声が異様にカッコイイんですって!!

開始から四時間半が過ぎ、米神に指を当て目を閉じデスボイス的なため息を吐く麗しい吾郎さんのアップ。
なんかこの部分が妙になまめかしい感じがしてやたらとリピートしてしまいました。
「この感じ思い出してきた」と額に添えた手が皮膚の上をゆっくり滑るように目元まで動くのがエロいのかちょっと上げ気味の口角がエロいのかやはり伏せられた睫毛がエロいのかさっぱり分かりませんがなんかエロい。私が変態なんじゃない吾郎さんが美男だからいけない。
手首のはパワーストーンかなんかですか?興味本位で「紫 パワーストーン」でググったら『また、紫には、心身のダメージ回復に効果があるとされています。紫を選んだということは、少し、心とからだが疲れているのかもしれませんね。紫を身につけて、心とからだをいたわってあげてください』という一文を発見しました。…お疲れ様です!!
そんな疲労の中次に入れた曲は、前回のチャレンジでADを涙させた『朝日を見に行こうよ』。
前回歌いまくっただけあって丁寧な歌い方で素敵ー!
が、途中でいきなり10位にランクインし、それを認識した瞬間「!!」という風に吾郎さんの目がくわっと見開かれ片眉が上がる。そして「とwwwてwwwもwwwばかなwwwことwwww」とニヤニヤしちゃって声が震えてしまうハプニングwwwwアwwwホwwwwwだwwwwwww
うれしくてたまらない感情が抑えられない素直すぎる38歳。その後身振り手振りをつけて軌道修正を図る顔も必死そのもの。何なのもう可愛すぎるんですけど…勘弁してくれよ…
メンバーも大笑いです。あまりにもツボ過ぎたのか木村さんが口元を手で隠したまま動きません。
順位は7位に落ち着き、いけそうだね、と勝利を確信する稲垣さん。
「いいんですか出しちゃって?それを面白く編集するのはホント難しいですよ」と真面目にスタッフさんを気遣う吾郎さん。吾郎さん的にはまだ面白い素材が全然揃ってなかった様子。既に爆笑ポイントばかりだったんですが…
しかし結局いい順位は出せず、再び自分の声質に合った曲を探すため色々な曲を試すことに。

「じゃあねぇ、あれ行く。あの……なんだっけ……あれ……(トントントントントントン)っなんで曲が思い出せないんだ」
誰よりも先に大下さんの笑い声が聞こえたのがちょっとツボです。あれ行く、というほどイメージは鮮明なのに曲名がパッと出てこない吾郎さん。横文字は…!横文字は堪忍したって!「Fly」で「ふらい」って読むとか古風な吾郎さんにはハードル高いねん堪忍したって!(嫌なフォロー)
思い出せない自分が嫌だからちょっと待って、とテレながら言うのも吾郎さんらしいです。
そして来ましたFly!!前にもどっかで言いましたが私SMAPの曲の中で総合的にFlyが一番好きなのでこの選曲はとっても嬉しい。もうね、この一発目のFlyがカットが少ないという事もあるんですが歌い方が熱くてね!!最高!!
一回目という事もあって、とにかく作戦とか関係なく必死に歌ってる声が曲とマッチしててさぁ…フルで欲しいぜ…
熱唱して歪んだ顔すらイケメン。酷使した喉の痛みに眉を顰めて、クラクラしてる顔が絶妙なカメラワークと相まって非常にセクシー!このチャレンジ、カメラワークもすごい凝ってますよね。狭い密室の中でありとあらゆる角度からかっこよく吾郎さんを映しててありがたい限りです。
結果は四位で、「四位だ」と嬉しいやら疲れたやら複雑な声音で呟いた後、一位の点数に「でも92点か~……」遠いなぁ、という感じでポツリ。そして名前を見て驚愕。
「またアイツだよsmappy!」この、「><」という顔文字がふさわしいような声のトーンと、腕で顔を覆うような仕草が可愛すぎて…!!ここが一番萌えたかもしんない。なんか嗜虐心をそそるというか…男っぽいんだけど「もうやだ><」って感じでズキュンときました。
Fly乱発は出来ないな~、という話の後の「ペースを考えていかなきゃだってそれマラソンだってそんな誰だって全速力で走ってないでしょ?……しょ?それと一緒ですよ。完走しなきゃいけないんだ」という立て板に水のような滑らかな喋りにも注目です。こんなキラキラしたお目目で、舞台育ちの発声と美声でワンブレスで喋られたら圧倒されざるを得ません。物柔らかなのにタジタジしてしまう!

そしてまた色々歌ってみるタイムきたーーー!!
セロリ!!かーわーいーいー!!歌い方がなんか幼ーい!!「うー」がかわいいー!!
かと思えばSHAKEは最後の「ヒッピハッピシェーイク」のハッピシェイク部分の歌い方とビブラートがなんかアダルティ!!
雪が降ってきたでは初っ端の「ゆーきーのー」の「のー」の上がり方がエローい!!どうしようもなくエローい!!細かすぎてキモいですねすみませーん!!(てへぺろ)
やはりこのカットされた23曲も聴きた(ry
ここで前回に引き続き助っ人ゲストが参上。森昌子さんが越冬つばめを披露して下さいます。このゲストコーナーで歌の上手さとカラオケの採点は関係ないって事が再認識できるから良いですよねー。
「寒かろに~」で入り込んだ表情で首を振る吾郎さんがノリノリでかわゆい。
聞き終えて立ち上がり「いやっ凄い!!感動したー!!」と拍手する手つきは流石ヨイショの男!堂に入ってます!!(褒める所が)
森さんの案の定残酷な結果を踏まえて、物凄く音程に気をつけなきゃダメだね、と再びキーを下げたFlyに挑戦。
この丁寧に歌ったこのFlyもより大人っぽくてしっとりしてて凄いイイ!!吾郎さんは同じ曲でも歌う度に歌い方が微妙に違って安定とは無縁なんですが、そこがいいと思うんですよね。どれもこれはこれで良いんだもん。一粒で何度もおいしい。
サビの部分で「そうさっ過ー去も!!」ってなったのは爆笑しましたがwwwここでそうさを諦めずに早口でもちゃんと入れる所が偉い!!
苦しそうに声を伸ばす所の首筋が筋浮き出てて苦しそうなんだけどてらせくしー。歌い終わってすぐ無言で順位を見に行く顔もキリッとしてて無駄にかっこいいです。
遂に名前が載り、「波に乗らせてもらった!(?)」と無邪気に大ハシャギする笑顔も眩しいぜ!

しかしなんとここでsmappyさんが今まさにログインしている事が判明。なんだこのドラマチックな展開。
「ちなみに今smappyさんが横浜でログインしてるみたいです」「えっ」このスタッフの「えっ」がリアル。
俄かに騒然とするスタッフに、「ログインって?」と頬杖をついた稲垣ポーズのまま静かにお尋ねになる吾郎様。
「今まさにカラオケボックスで歌っている可能性が…」と先を争うように言うスタッフに真面目に一言、「それ止めらんないの?それ。」
スタッフもスタジオもメンバーも視聴者も大爆笑です!!吾郎様ァアーーー!!!
完全にカラオケとは日本の誇る大衆娯楽であるという事を失念なさってます。そうなのです吾郎さんにとってこれは絶対に勝たなければならない勝負なのです。
でもなんか機械に対する捉え方といい、たまに吾郎さんは現代と少し離れた、こう、フワフワした世界で生きてる気がしてなりません。うまく言葉に言い表せないんですが根本的な所で自由というか。うんやっぱいいわ(表現を断念)
どういう状況なのか分かりませんが、左画面で壁に顔を預けて影が掛かった状態でボーっとしてる吾郎さんが美しい。若いなぁ…変わらんなぁ…
更にキーを低くして歌う三度目のFly。ああこれも良いよ困っちゃう。←
途中すごい自然に「Wow」を挿入する所に歌手を見ました。自然すぎてちょっと遅れて笑いの波がwww
途中2位まで来てまた笑っちゃうアクシデントもありつつ、最後カメラ目線でシメた結果は二位。
これをとにかくやれば届くはず、という明確な目標が見えずナーバスになる吾郎さん。
もうなりふり構いません、いちいち「スピーカー動かしていい?」とか言ったりしない。無言でとにかくやってみる男らしい吾郎さん。
おしゃべりと言いつつ必要な時いくらでも喋れるってだけで無駄に喋る人ではないですよね。合理的にものを考えられる人だと思うので、そこが好きです。
勘で挑戦する四度目のFly、これも本当にイイ…!!何がいいって声がいいよ!!とにかく声がかっこいいよ!!フルでくれよ!!(無理)
中居さんに「なんだこの顔」言われてましたが、追い詰められて目が完全に闇を孕んでるこの尖った表情もグッときますハァハァ。
途中とうとう声が出なくなり、苦しげに顔を逸らす様子も辛そうですけど萌えますね(真顔)疲れた時とかに吾郎さんの目の下に出る隈っぽい段が好きです。すみませんなんか。(とりあえず謝る)
冷静に全力で歌って、最後のワンフレーズの残した所まで歌ってもまた二位止まり、くじけそうに俯くけど最後までしっかり歌おうと顔を上げる吾郎さん。
が、この最後のワンフレーズで一位に繰り上がるドラマ!!スター!スターだ!!
「いいんじゃない?行けんじゃない?いやでもまだ分かんないもんね」と俄かに興奮に包まれるカラオケボックス内。
そして出た結果は一位!!
一位の文字が表示された途端「やったあああ!!」と立ち上がりバンザイ!
「やったぁっぁあああはああああああっああああああーー!!やったあーっ!!よぉぉーーーしっ!!」
もうこの喜びようが最高過ぎて死ぬほどリピートしました。凄いよ!!こんな全力で喜びを体現出来る人なかなか居ないよ!!
もう試行錯誤した経過から一位とったー!という感動と吾郎さんのこの喜びようが合わさってすごいカタルシス。感動をありがとう。
地球上の誰よりも喜んで、「ったぁー……!」と最後座り込み、安堵とか疲労とか達成感とか色んなものが混じった表情で目を閉じる顔が幼くてまあ…
画面がストロボのように白くなり、ハイライトのようにCD版Flyをバックに大きく手を振って歌う吾郎さんやマイクの上下左右から忙しなく歌ってみる吾郎さんやがんばりますっを狭いステージで踊る吾郎さんの映像をわざわざ歌のリズムに合わせて編集しEDにするスタッフwwwいい仕事しやがるwwww
このやたらリズミカルな映像のシメにドアからチラッと振り返って「フッ」と笑ってスタスタ去っていく吾郎さんと『こうして稲垣吾郎は翔び立って行った…』という誰うまなテロップの流れが神過ぎてこれがビデオテープならば擦り切れるほどにリピート再生しまくりました。
このニヤっとした振り返り笑いにスタッフも吹き出すようにニヤニヤした笑い声を上げてる空気感が良いですね…なんか仕事仲間って感じで。
翔び立って行った、っていう表現が妙に面白くハマるのも吾郎さんゆえですねwww

スタジオに戻り、第一声で「前半はほんとクレームばっか言っちゃって本当にすみませんでした」と妙にいたいけな声でぺこっとする吾郎さん。やだかわいい。
「そんなつもり無いんだけど、結構態度悪い人なんだよねーいつもねー」www
そんな吾郎さんに「いやいいよぉ~…」と物凄いデレデレ呟いた剛がw
この放送後Flyにチャレンジする人数が何倍にも増えたそうな。カラオケの宣伝にもなったかもしれないですねww
そして交換日記は吾郎→中居の「ありがとう」。
ポストに入れる時「想いよ届け」とかサラッと言えちゃうところが流石吾郎さんだぜ!
内容についてはもう見たままなのであんま書く事無いですね。いや思いはそれはもう盛りだくさんなんですが。
まあでも普通に好意的な目線で見ればいい話以外の何物でもないんですが、この話になる度フェアじゃないな~という感覚があります。これだけ大きいスキャンダルになって皆が知ってる事件なのに、実際どういう事があってどういう責任を取って謹慎したのか?という一番明確でなければならない所がどうも不明確なまま、印象だけが異常なほど一人歩きしてる感じが未だに続いていて居心地が悪くなるんですよね。端的に言うとやった事に対してあまりにも重いものを背負わされ過ぎていて。
まあ何を言ったってやるせなくなるだけですし、そういうのを乗り越えて踏まえた上での「ありがとう」ですからね…想いが素直過ぎて受け止められない中居さん。でも最後中居さんからファンに向けての「ありがとう」は吾郎さんへの返答では全然ないけど、間接的に吾郎さんの言う「SMAPのリーダー」を証明するような素晴らしい文章で、打ち合わせなしでこの流れは凄いと思いました。
とにかく文章が素晴らしいですね。流石N.マッピー。風邪気味の声も相まって心にビシバシ来ます。
そしてこの流れでいきなり歌だったんで、見てて「うぇえええ!!」ってなりました。そんな殺生な!と。すみませんダメなファンで。でもだって四人は大丈夫なのかと!
でも流石プロ、ちゃんとビシッと決めてました。この流れで聞くさかさまの空がいい歌過ぎてもうね。というか選曲が素晴らしい。なんか人生っていいなって思う(壮大)
吾郎さんの瞳からいつ涙が零れるかとハラハラしました。だって大変だよ生放送だし歌って踊んなきゃいけないし!泣いたらすごい恥ずかしいじゃないですか!><(ダメな感情移入)
CM明け慎吾もその流れについて言及。ここだけ口調が末っ子っぽくて和みましたw
また次回も、という話の時に「また交換日記とかやんの?」と自分から振る中居さん。
俺はやだ、と明らかに吾郎さんだけを見つめてとにかく寒いとか痒いとか訴えてリアクションを欲する中居さんに、「そんな照れるなよぉ」と甘い声で優しく肩を抱くリーサルウェポン吾郎。一撃必殺!命中!中居沈黙!
この言い方とやりとりが可愛すぎてこの数秒も物凄くリピートしました。そうした結果更新が遅くなったのです分かりますか(黙れ)

そんなこんなで今年も今まで以上の神番組でした「がんばりますっ」。
どこが良かったかはもう言い尽くしたので(要するに全部です)、とりあえずSMAPさんとスタッフさんの変わらぬ健康と活躍を祈って終わりたいと思います。来年も楽しみです!ありがとう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きみしま

Author:きみしま
ツイッターのログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。