27時間テレビ+α感想 - かわいくて斬れない
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27時間テレビ+α感想

どんどん間が開いてきている恐怖!いや、ホントこれから夏休みなんでちゃんと吾郎さんの活躍をこまめに書き留めておきたいと思いますハイ。
という訳で27時間テレビの感想その他です。行列とかスマスマとか普通なら一個記事になりそうなぐらい面白かったんですが、しかし27時間テレビがもっと面白かったのでさら~っと触れて終わりにします。

【行列】
掃き溜めに鶴という諺がこれほど似合う状況があるだろうか?まるで吾郎さんが生い茂る雑草に咲く一輪の花のようです(すみません言い過ぎました)
全体的にオネエ弄りだったんですが、吾郎さんが面白くスマートで男前。
伸助さんも中々吾郎には好意的に見えました。番組中見定めるようにじーっと吾郎の表情を観察しているのが印象的でしたが(伸助さんと吾郎が絡むのは初めてですか?)、「そうやってキレイとか言うから誤解されるんやで」とか「普通に尊敬の気持ちや。お前らみたいな性の対象とは違う」とか始終フォローしてくれてます。
しかしキレイって言うから誤解されるねん、と折角アドバイスされたのにIKKOさんに点数つけろと言われて「でも心は…っこ…」と心の美しさを挙げようとして結局変な風に詰まる吾郎さん。吾郎さんの半分は優しさで出来ています。
見た目で!吾郎ちゃん見た目で!と言われ、観念したようにまじまじとIKKOさんを見て「さ…ささ…三点」と冷静に噛みつつ採点。いざ付けるとなると容赦なくてワロタwwwでも伸助さんが「高いわ!四点はカブトムシな」と言って吾郎さんの採点の厳しさが薄れます。
伸助さんはマシンガンのようにイジりと罵倒の境目で笑いを取る人ですが、それはそれでアリだと思うんですよね。今回で言えばオネエを見て一般視聴者がオエエー!と思う気持ちをそのさらに上を行く伸助さんの罵倒が薄めるという。(私は別にオエエー!と思ってませんからね)
これも芸風だなと私はむしろ感心して見ていたんですが、でもやっぱり伸助さんだから許せるのか、本当は傷付いているのか、IKKOさんが芸人二人に拒否されて「グイグイ来る~!」という一発ギャグをかましていたんですが吾郎さんが珍しく話の流れの中で「僕も絶対に抱けません」と目を見て強めに言ったら「え~!なんで吾郎さ~ん!こうしてやる~!」と素で抱きついて周りに引き離されてました。
抱きつかれた後吾郎さんは「グイグイ来ませんでしたね」と冷静に伸助さんに言って、伸助さんも気付いて「そうや。グイグイ来てへんやん」と言ったらIKKOさんはもう持ちネタを忘れてるのか「いいの!いいの」と片付けてしまいます。
吾郎さんは拒絶しないというイメージのせいか、フリにも気付かない程素でショックを受けた様子。ここ見て上手く言えませんが罪な男だな~と思いました。(笑)
ところで私は吾郎さんの活躍を見る度それ自体に萌えると同時に「これを色んな人が観てるんだなあ…」と想像して萌えるという倒錯的な萌え方をするんですが、この間のゴロデラはその萌え度がかなり高めな番組だったんです。
なので誰か見たって報告しないかなと思ってたんですが、まさかそれがマツケンサンバの彼…いや彼女…お姉さんになるとは思いも寄りませんでした。
好きな男性芸能人ランキングで真島さんに二位に選ばれる吾郎さん。
抱きしめてやって、と言われ伸助さん的には「いや、ちょっと…」と拒否するか抱きしめるか、だったと思うんですが素直に立ち上がってハグしてあげる吾郎。そして耳の後ろ?あたりにチューする真島さん。抜け目ねえ!
なんかここに唇の感触が、と言うと会場から「ヒャー!」という声が上がりドン引きムードになるんですが、ずっと前から好きだったという真島さんに「本当ですか?ありがとうございます」と目を見て礼をしてその空気を消す吾郎さんマジ紳士。
そして吾郎さんにも好きな男性芸能人ベスト3を選ばせる行列スタッフw
三位に竹野内君が来て「やっぱり吾郎ちゃんソッチなの?」的な流れになるのが何とも。竹野内君をそういう目で見るのはやめろ!(えっそっち?)
二位は木村君。はいはいわろすわろす
一位は…何と市村さん!!実はちょっと期待してたんですがまさか本当に来て、しかも一位だなんて!!ウヒョー!!
二十年一緒にやってきた木村君を差し置いて一位ってのが凄いですね。市村さんがこの放送を見てますように!日本のイケメン代表選手二人を差し置いて一位に選ばれたんですよ!明石藩バンザーイ!
あと真島さんが再現VTRで「ラストの吾郎ちゃんがすごいのよ~」と言ってたシーンは、あの泥の中でのた打ち回るシーンでしょうかね。あそこエロかったですからね(そういう凄いなのかは知りませんが)

【スマスマ・グンソクさんゲスト】
ビストロは吾郎さんの射撃がかっこよかったぐらいかな…?どうせなら50点狙えよ、と言われて笑った吾郎さんの顔がすっごい子供っぽい笑顔で超かわいいです。
地味演出をした時慎吾が「吾郎ちゃん珍しくない?リアルオンエア無いよこれ」と言ってるんですが、最近ビストロで吾郎ちゃん無双なのはやっぱり長い収録の中でも吾郎さん部分ばかりオンエアに乗ってるという事でしょうか。
いつも思いますがスマスマスタッフはかなり吾郎さんの事好きだと思うんですよね。ただその愛がファンの気持ちとズレてるというか歪んでるだけで。(笑)
続いてはAKBのコントですが、この読みきりの少女漫画みたいな急展開が面白いですねwwwシンゴロの息が合っててキャラに徹してて、続くのか分かりませんが久々にちゃんと設定のあるコントが見れて良かったです。
そして歌!!今回これが一番萌えた!!言わずもがな「あ~ん」ですよ。
UFO大サビで吾郎さんセンターになり、「そうなのかしら」でドアップからカメラが引く演出がカッコイイです。
そしてあ~んのアップが…美しい…この瞬間の視聴率が高いといいな!(?)
UFOで吾郎さんメインってのがナイス選曲です。歌詞が吾郎さんっぽい(えっ)
サウスポーの中居さんの「ボールとってくださ~い!」も可愛かったですねw背番号一のすごい奴が相手、で何故か木村さんが映るのもGJです。
そして渚のシンドバッド!これをカッコよく歌えるのは木村さんだけでしょう。みんな木村さんの美技に酔いな!

【27時間テレビ】
まずほんまでっかTVから。早速吾郎さん出演部分に飛んですみません。ラテ欄で『稲垣吾郎の異常私生活』とか言うからえっ何ひろくん?どんな暴露させられてしまうん?とハラハラしてたんですが、思わぬ神番組となりました。
まず夏だというのにあったかそうな服のおしゃれハンサムがマツコに紹介されて登場。さんまさんとマツコさんとは12月のキス以来ですね(嫌な言い方)
「ここ座ってってADさんにも言われたんですけど」と中居君達と同じ椅子に座ろうとしてさんまさんにストップされ、どっち行けばいいのと真ん中でさんまさんの顔とスタッフの顔を交互に見る迷子の吾郎ちゃんに笑った後、「俺のカメラの前に立つな」と指摘するさんまさん。そしてむしろもっと被せようとさんまさんにゆっくり近付いていく吾郎w何故か近付くごとに黄色い悲鳴が上がる会場。向かい合ってディフェンスやってる最中「ラブラブみたい」って呟いた女性は誰だ!
悪戯っ子の笑みで離れてから椅子に座る吾郎、しばらく前列三人と会話してからその顔に視線を戻して「吾郎ちゃん…」と呼びかけてから笑い崩れるさんまさん。「会社の面接やないんやから」と言う通り四方を人に囲まれたスタジオの中央の椅子でポツーンと座らされてきょろきょろしている吾郎さんが超プリティーw
そしてCM明けて、実は相談の順番は加藤さんからだった事が判明。
それまで真顔だったのに、椅子から立ち上がってさんまさんの方に近付いていく吾郎ちゃんの顔を見た途端自分がやっちゃった事に気付いて破顔するさんまさんがツボです。
「だから最初言ったとおり、最初僕がここに座るの合ってたって事ですよね」
間違ってたじゃないですかとギャーギャー言う周囲をかき消す舞台育ちのよく通る美声。言いつつ近付いていく吾郎に「被るなゆーてるやろ」と再びカメラディフェンス勃発。加藤がやった時は笑いだけだったのに吾郎とさんまさんがやった時は何故毎回黄色い悲鳴が聞こえるのでしょうか。(さんスマ2010を見ながら)
途中から何故か楽しく左右に揺れる形態に進化してわちゃわちゃやる二人。1、2、3と揺れる度さんまさんの笑顔度数が上がっていくのが微笑ましい。それに中居さんが止めに入るんですが、この時吾郎を叩くのにさんまさんに文句言うのがなんかツボですw
そして加藤さんの過保護な相談の途中に、髪の毛が外にハネてる男とかダメですねという話ですかさず稲垣さんを指差して笑う中居さん。
吾郎もわかってて髪をいじるサービス。そこにさんまさんがわざわざ前に立って「吾郎ちゃんもダメなのか」とわざとらしい感想を言うと、「被ってますよね!?」とすぐさま吾郎が立ち上がりまた左右に揺れる二人w
三回目の揺れでのさんまさんの顔見ながらの笑顔がかわいいです(細かい)

そして吾郎さんの相談へ。
ゴーン、という重々しい鐘の鳴る中、「完っ璧だと思うけどなー」とあながち冗談でもなさそうな中居君の呟き。惚れ込んでるなーwwでも私もそう思います!(聞いてない)
そして実はすごくせっかちで…という相談だけで大反響。それだけのんびりして見えるって事ですね。
「自分でもイメージ違うなって思って」と、この話になると毎回言いますよね。だから本当はのんびりしていたいと心から思ってるんでしょう。でも本能的にせっかちで、それで自己嫌悪したり改善しようと努力したり色々してきたと思うんですよね。部屋暗くしたりお風呂だったり自然だったり、吾郎さんが良いよねって挙げるものは全部心をリラックスさせて落ち着かせるようなものばかりです。せっかちな自分が嫌だと思うからこそそういうのを自分から選んでるんでしょう。
さんまさんも「もう知り合って十何年経つけどせっかちなとこなんて見た事無いぞ」と一番大きく反応。
なんかCM中にドライバーがどうのって話をしたようで、それ買いに行かなくていいからなとか何とか言ってますが、CM中にゴルフの話するって何それ仲良し!
で、中居君にそうなの?と聞きますが携帯が壊れにくいってネタの為に吾郎さんが携帯投げつけて壊すような人だって嘘をつく中居さん。だからこの後人間関係のとこで名前出されちゃうんだぞ!
という訳でそういうタイプAの人は人間関係に不満がある人が多いと言われ、「SMAPの人間関係とか、不満あるとこあるんちゃうかな」と神妙に聞くさんまさんに「別に…まあ特にメンバーあれですけど…まあ中居君とかはたまにね、ちょっとカチャカチャカチャカチャ言われるんで」と答える吾郎さん。すぐ「何だよカチャカチャって!言い直せよ!」と威勢良く言い返す中居さん。
「なんかじゃニーズのこうピンの部分というか。それでワイワイワイワイ言われるんで」と言い直す吾郎へ「何だよワイワイワイワイって!!」と更に大きい声で吠える。この時の中居さんが素でちょっと傷付いてる感じなのがwwそれにさんまさんがいちいち吾郎に味方して、「言わしたれよお前はー!」って中居さんを叱るのがステキです。
そして「だってなんか、バンダナ赤いんですよ!?」と笑って続ける吾郎にホッとしたような笑顔で立ち上がって「コーディネートだよ!」と普通の声量で言う中居さんが微笑ましい。しょうがない人だよ…
で、次のアドバイザーは尾木さんです!相変わらず優しそうです!
他にどんな症状がある?と聞かれて、症状という言葉にさんまさんが「うわ」と言ってます。深刻です。
真面目に考えた後に壁際を歩く、そうするとインコースで歩けるんで目的地まで早く着くんです!と熱く語る吾郎さんに場内騒然。
寄ってくる吾郎の再現を中居さんがしますが、二十年やってきてずっとSMAP七不思議のひとつだったこの現象がここで解明されようとは…!!
結論として、吾郎さんは女性を守ろうというタイプじゃないわねえ、と尾木さんに言われ「えっ生放送なんで守るっぽくしてください」とこれまで一度も異議を唱えなかったのに言い出す吾郎さんw
女性を守らないタイプとなるとジェントルマンの沽券に関わりますからね。
しかし「確かに歩くのは早いって言われます」「あー確かに壁際って事は車道側じゃないですよね」と、理由を言われて素直に納得する吾郎さん。
そして「女性を守るというより、やっぱり自分中心で。でもねぇ、僕吾郎ちゃん大好きなのよ」と満面の笑顔で最後に言う尾木さんに吾郎も思わず笑顔をこぼし、周囲の大ブーイングの中ニコニコと頷き合って手を振る二人が可愛すぎてどうしようかと思いましたwww
澤口さんの結婚するのが一番だけど出来ない、今まで思った事もないだろうししたとしてもすぐ別れる、ってのはそういう事でしょうね。本能的に一人になってしまうというか、誰かが世話を焼いてくれるのが一番なんだけど固定されるとそこから逃げたくなってしまうというか。ひとりじゃいられない、誰ともいたくない的な(相川七瀬『トラブルメーカー』)
でも似た人ならまだお互いその心理を理解出来るので行けると。でも吾郎さん結婚しなくてもひろくんとか居るんで、普通に結婚しなくていいんじゃないですかねw
で、CM開け告白で終わってしまったんで続きを聞きたいんですが、という事で「あのね、僕ね吾郎ちゃんね、肌で感じたの」という尾木さん。
「ホントですか?」と何故か色気のある言い方をする吾郎に、「ホントよ」と悪戯っぽく返す尾木さん。それに対して眉を上げてからゆっくりと微笑む吾郎の表情が!!素晴らしくエロい!皆見てください!!
「あの口説きタイムはいいですから!」と止めに入るさんまさんに本題へ。
腕相撲したでしょ?という話で、「私生活で?」と聞くさんまさん。「そんな接点無いです」と笑う吾郎に、「一緒に住んでるおっさんあの人ちゃうの?」と笑い崩れながら聞くさんまさんw気になってるなーwていうかおっさんってアンタと同年代だぞ!
尾木さんは腕相撲した時に柔らかくて、芯がある吾郎さんの性質が分かったと。
手で性格分かるんですか、とさんまさんが前に出てきますが、尾木さんがそこ掘り下げたら吾郎ちゃんと握手しかねない勢い(それがどうした)
そして尾木さんが結論を。
「だからそういうね、タイプA的な性格ってのはもう間違いないんですけれども、それを自分でコントロールしてるの!すごい、吾郎ちゃんは」
尾木さあああん好きいいいいい!!もうね、本能的に一人基準で考えてしまう所はあるけど吾郎ちゃん大好きなの、柔らかくて芯があってそういう本能を自分でコントロールしてるすごい人なの、っていう私が声を大にして言いたい事を優しく分かりやすく言ってくれた尾木ママは神です、聖母です(男です)
「だから僕自身もね、番組でやった時に勝たしてくれるなって分かったよ、うふふ」
言われて戸惑うような照れたような嬉しいような、ちょっと間を置いて微笑んで「はい」って言う吾郎さんの笑顔プライスレス。そんな横顔を見つめながら「お前勝たしたんか」と妙に優しい笑顔で言うさんまさん。
「多分そういう事だと思うんですけど…あんまり覚えてないんですけどね」と照れる吾郎。自分を認められて照れて居心地悪いのか、思わず手元で癖の爪弄りが出ようとしてるのがかわいい。
そこを「何だあの番組は茶番かアレは!」と怒ったフリをしていい話を笑いに持っていくさんまさんは流石だと思いました。
スマスマの時も尾木さんは遅刻した生徒への対応の例をやってましたが、こんな暖かく包み込まれたらそら凍った心も溶けてしまうわぁ…(誰だ)
そしてさっき先に触れちゃった澤口さんの結婚論ですが、聞いてる間の結婚ねぇ~…って感じの吾郎さんの首を傾げ気味の顔といい「よろしくお願いします」とかクールな態度といい吾郎さんがテライケメン。
門倉さんネタでさんまさんがフォロー&オチつけて、次の回答から吾郎さん無双が始まります。
「エレベーター待てないって事でしたけど、エレベーター待ちでは、舌をレロレロさせてください」というとんでもない事を言い出す重田さん。
真面目に聞いて眉を寄せて、「舌をれろれろ…」と呟く吾郎さんからしてもうおいし過ぎて動揺します。
「舌をこうベローって出して、」と言われ、何の躊躇もなく言われた通り舌を出す吾郎さんの素直さが好きだ!舌がキレイだ!(ごめん)
「そのままレロレロレローって!」と言われ、後ろで中居さんが「やんないですやんないです稲垣さんは!」と言ってるのも聞かず素直にゆっくりレロレロする吾郎さん。何これダメ!すごくいけない気分!
キャーと黄色い悲鳴が上がり、これどうすべきなの?という感じで無邪気に吾郎さんがさんまさんを見るとさんまさんは爆笑中。
「もっと激しく!」という重田さんに「激しく、激しくやて」とさんまさんも他の男性も促し、続けてちょっと早くしてやるんですが恥ずかしさも若干あるのかやりながら俯いてってペロペロしてるのがエロい!どうしようもなくエロい!そして舌出す度に黄色い悲鳴が上がるのがまたwwwなんか黒目がちなんで犬猫のようで可愛いんですよね。生々しくない。
中居君が立ち上がって吾郎を手で押さえて「やんなくていいから」とわざわざ言いに行きます。守ろうとしてる!カッコイイですリーダー!
やっちゃってから「え、何ですかあの人?」「え、違うふざけさせようとしてるだけでしょ」と指差して言うゴロー。
レロレロしろと言った理由として、イライラしている人は末端が動くんだと。私もそういえば指動かしたり自転車乗ってイライラするとすぐ舌打ちしちゃったり、ちょっとアレだとどっか絶えず動かしてるような…(貧乏ゆすりは他人がやってると死ぬほど気が散るので絶対やらないようにしてますが)
それなら靴の中でパタパタの方がいいんじゃないですか?というさんまさんに、舌を口の中で動かしてると滑舌が良くなるんだと。
それを言われてもう一度ノリノリでペロペロする吾郎に、「やめなさい!稲垣さん!」と母のように叱るリーダーw
しかし「吾郎ちゃんやってみて」「やってみて」と他の男性陣は妙に積極的です。
「難しいですね閉じてやるの」と言いつつ皆に促されて、閉じてやってみる吾郎。
口の下でモゴモゴやってるのが丸分かりの後にぺロッと舌が出て「出てる!」「出てるよ出てる!」「ちょっと出たよ今ー!」と総ツッコミを受ける吾郎ですが、可愛く口を押さえて「出ちゃいますよ」と言う先はやっぱりさんまさん。
さんまさんは息も絶え絶えに大爆笑した後、「テクニシャンだな~」と上手い返しをして司会者席に戻っていきました。ていうか前に出てくる率が吾郎ちゃんの時異様に高いw
周りを大爆笑させておきながらテレンスさんの呼び鈴に「はい」とシャッキリ返事する吾郎。
「吾郎さんいつもテレビで拝見してて、せっかちだってすぐ分かったんですよ。独特の目の動きがある」というテレンスさんに「ホントですか!?」とショックを受けます。
目の動き…確かに印象的ですよね。そうかこれは独裁者の目つきなのか…(思い当たる目つきが沢山思い浮かびながら)
「そういう人は今すぐSMAPをやめて独裁者になった方がいい」という衝撃的なアドバイスに、間髪入れず後ろで「困る困る困る困る」と四回も困ると言う中居さん。困るがゲシュタルト崩壊しそうだよ!
しかしそんなリーダーの君が必要だ宣言を余所に「SMAPやめるって事はスマスマも辞めなきゃいけないって事ですよね?」とトンチンカンな事を言い出す吾郎www
「順番おかしいやろ」というさんまさんの笑い崩れつつのツッコミに、笑ってから「SMAPやめなきゃいけないんですか?」と気の抜けた声で聞き直す吾郎をまだツッコミ足りなそうに見つめ続けるさんまさん。
スマスマ辞めなきゃいけないって事ですよね、の後に「加藤さんのスッキリ!と一緒ですか?」と聞いてるから、SMAP辞めなきゃいけないという重大事件より加藤さんと同じ展開だという今この場で起こってる事の方が優先されたんでしょうねw
「もしくはスパイ」と言われ、ジェームズボンド大好きな吾郎さん「…スパイですか?」とちょっと困ったように眉を寄せつつ笑い混じりでなんか満更でもなさそうなwww
「SMAPとSPYやから」とSの字で引っ張るさんまさんに相槌うちつつ、呼び鈴を鳴らす池田さんを促す吾郎さん。さっきから呼び鈴鳴らした先生を吾郎さんが喋るよう促してるけどこれ吾郎さんがする事じゃないよね?www
池田さんはシャッターの話で、むしろ上がる速度を遅くした方がいいと。
「多分あなたは時間を無駄にしたくないって思ってるでしょ?」という池田さんに、途中で遮るように「あっそうなんです!!」と力いっぱい同意する吾郎wwwせっかち!せっかち!
「イライラしてる人ってのは、」「はい!」「時間を実は、無駄にしてるんです」「そうでぅえ゛ぇえッ!?」
27時間テレビで一番爆笑したシーンはここです。吾郎さんwwwwマスオさんwwwwww
周囲を爆笑の渦に叩き込んでおきながら無邪気な笑顔でさんまさんを見る吾郎。そして額に手を当てたかっこいいポーズでペロペロする神反応。
ちょっとやって笑ってやめたんですが周囲が「ペロペロしてペロペロ!」と更なるペロペロを要求するので目を手で隠したかっこいいポーズでワンモアペロペロ。
「落ち着いた!?落ち着いた!?」と訊くさんまさんにこくこくと頷いて「どうぞ先生!」ってwwwもうついていけないwww
そして続きとして「そういう時はボーっとするしかない、ボーっとするっていうのはアイディアを練ったりするのにすごく大事だからその為に使いなさい」というアドバイスに、さんまさんがどう今の意見?と訊くと「そうですね、僕電子レンジとかも待てなくて…」と言う吾郎。
ええー!といちいち大きい反応が起きますが、「何、待てなくて自分でチーンって言っちゃうの?」さんまさんで笑いのオチがつきました。テクニシャンだな~
私も電子レンジ待てないんですよね。いや頑張ればそりゃ時間が過ぎるだけなんでいつの間にかチーンってなりますけど、極力食べ物あっためないでそのまま食べるし電子レンジ待つ間ソワソワイライラして心が落ち着きません。
何でしょうね、待つって事はその間その対象に拘束される事だからなんですかね?むしろボーっとしなくていい所でボーっとして色んな事考えて、何か待つ状況になるとそれに捕らわれて気が散ってしまうような。
でも今のマスオさん化も吾郎さんがせっかちだったからこそ起きたハプニングで、それすらも中居さんの言う「完璧」の一部だと思うんですよね。
せっかちでイライラして自分に害はあっても、他人にそれによる害を与える事は絶対に無いよう気を付けてる人です。
そして自分の言った事とか尾木ママとの腕相撲対決での配慮とかすぐ忘れちゃう人なので、言われたように鬱になりやすいかと言うとむしろ一番SMAPで鬱から遠いんじゃないかなと思います。原因はあっても結果にならないように経過をコントロール出来る。

そしてCM明け、中居君の相談に移る前に『ペロペロ独裁者』もしくは『ペロペロスパイ』という新しい吾郎さんの進路が決定しました。
いつの間にかレロレロからペロペロになってるんですが吾郎ちゃんのイメージでしょうね。何かレロレロという生々しい言い方ではなく、ペロペロという可愛らしい感じの方が似合うというような…
中居君の相談は何もかもピッタリじゃないと嫌で神経質なんだけども、という内容。ここではまさかの同性結婚という案が出て吾郎と結婚の可能性が思わぬ所で高まってしまったんですが、それは置いといて。
それより澤口先生のヒマワリの種のくだりで、ハムスターは代謝が良すぎてセロトニンに変わる前に排出されてしまうという話が問題です。代謝も違うので寿命も違うと。
「だから稲垣さんのように、代謝が早いような方。おそらく早いんですよ。イライラしますから」
「僕が…ひまわりの種を…」(←よく聞いてない)
「代謝、心臓の鼓動の速さ、早いでしょ。きっと」
「そう、そ、そう…。?」(BEGINかお前は!というさんまさんのツッコミが入る)
「そうすると、ハムスターのように、寿命が短くなります。はい。はい。はい」
「えーそれに、僕は、舌でペロペロしながらヒマワリの種を食べれば良いんですか?」(←聞いてない)
だめだこいつwww早くなんとかしないとwww
「違うwwwww絶対無理やんかwwwww」とさんまさんも笑って周囲も爆笑で一気にお笑いムードになってしまいました。シミュレーションで舌をちょっと出してみたり吾郎さんお茶目です。とうとうハムスターという属性もついてしまいました。
「今、中居の治療法やんか」とさんまさんがツッコミますが、「まあでも似てますね。似てます。似てますけどはい」と澤口さんが言います。が聞いてません。
澤口さんが最後早口で駆け込むように終わらせちゃったのと、音声バランスがクソなのと吾郎さんがさっぱり聞いてないのでそうなってしまいましたが、結構深刻な事言ってますね。
吾郎さんは見た目いつまでも若いですが、生命線見えなかったり今回のこの代謝早いから寿命短いです宣告といいどうも不安要素いっぱいです。でもそんな常識で吾郎さんは測れないもん!不老不死だもん!(それもちょっと)
中居さんと吾郎が似てるとも言ってますね。確かに微妙に似てる部分はあると思います。アレ?似てる人が吾郎の結婚相手には良いって澤口さん言ってましたよね?そして中居さんは同性結婚すべきなんですよね?解決したんじゃね?お前ら灯台下暗しだぞ!

そんなこんなで久々にさんまさんと吾郎の絡みが見れて中居さんの吾郎好きっぷりも垣間見えて吾郎さんの可愛さ爆発で興味深い番組となって大満足でした。
そして次の日の昼にはいいとも出演ですが、なんかやっぱ五人でいいともだとMステノリで固いですね。席順か…?
そんな中新年サルサパーティーの話で一人じっとしてたけど実はすっごい盛り上がってたんだってな、という可愛いエピソードやソムリエエピソードが聞けたのはほのぼのしました。
午後にはSMAPデジタルライブ!
実はかなりうっかりな事に見逃したんですが次の日ちゃんと見ましたどうもすみません。
リミックスしまくりでこれはカッコイイ!!全体的にアップテンポになってて踊りまくるSMAPが超カッコイイです!特に吾郎さん!特に吾郎さん!!(大事な事なので二回言いました)
脚超なげーよ。白いスーツで貴公子のようだよ。そして中居さんは27時間テレビをやる時の約束だった超カッコイイマイケルダンスを披露!正直完成度高すぎて最初の方「ライブ映像そのまま流してんじゃね?」とずっと思ってましたすみません超かっけーっす。
超かっけーのに背後のスクリーンでカウントダウンが始まってるのが非常に悪趣味www
そして素晴らしい仕掛けでウォータースライダーへGO。
そこに待つのはさっき一緒に踊ってた白スーツのままの仲間四人。
熱湯コマーシャルをあんなカッコイイデジタルライブの後でわちゃわちゃやるSMAPに乾杯。サタスマコンビ素晴らしいよwww

ビストロは福島岩手にそれぞれ行った四人の映像が。
シンツヨがおばさん達の協力でキムゴロが本格的な料理人っぽいおじさん達の協力なのがなんからしいですね。
若者に気さくに接して真剣に左手でメモをとるハンサム吾郎がステキです。あんた今すぐSMAPやめてスパイなれるよ!
夜にはビストロSMAPでそれぞれ福島・岩手に到着する四人。
シンツヨはステージまで辿り着くのが大変そうでしたねw
キムゴロの方は到着時に吾郎さん越えてキムタクに握手求めてた人の画像でスレが立ってました。放映前はラテ欄でスタッフにネタにされ放映中は共演者にネタにされ放映後は視聴者にネタにされるだなんて…吾郎さんマジスター
しかし別に客がどっちにどうキャーキャーしようが自由だし事実なのでどうでもいいんですが、メンバー同士の関係性は対等で居て欲しいですよね。試食で直接渡すの全部木村君は無いだろ常考…
まあその辺はツイッターという海に散々木村のバッキャローと叫んだのでいいです。
調理中吾郎さんが大量のナス切ってるって図だけで大爆笑出来たのと、笑顔のまんまを歌ってる吾郎さんの顔が幼げで可愛くて、それだけで癒されました。
昨日27時間テレビだったというのに今日の復興財団設立の会見に中居さんが登壇し、今晩はカミスンで生放送もあって何それバカじゃないの体調悪くなっても知らないんだからねっ!///という事がさっきあったりしてSMAPは本当連日大活躍ですが、どうか無理し過ぎずにたまに馬鹿らしい事やったりしながらこの夏を乗り切って欲しいと思います。
とりあえずナカゴロでヒマワリの種食えばいいんじゃないかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

きみしま

Author:きみしま
ツイッターのログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。